ソフロロジー分娩方法

ソフロロジー分娩方法


陣痛とは子宮の収縮です。
子宮は赤ちゃんを生ませるために収縮してくるのであって、
お母さんを痛い、痛いと言わせるために収縮してくるのではありません。
陣痛が来たら赤ちゃんが生まれます。

ソフロロジー分娩とは、この子宮の収縮をうまく利用し、 赤ちゃんもお母さんも共にリラックスし楽にお産をする。
非常に静かな分娩です。

分娩法獲得は、当院「ソフロロジー式安産教室」を一度受ければ十分です。

イメージトレーニングを行います。
イメージトレーニングは、お産の現場で非常に効果を現しています。

ソフロロジーのためのオリジナル曲が流れるなかで、積極的に、喜んで陣痛を受け入れて、
お母さんと赤ちゃん二人でリラックス分娩をする方法です。

■ 日本ソフロロジー法研究会

無痛分娩方法

「痛みをとる」だけでなく、母子共に負担を軽くしより良い状態を維持しながら、
分娩をスムーズに進めていくことが目的です。

分娩・出産の痛みを和らげる方法の中で、最も効果的な方法が硬膜外麻酔です。
硬膜外麻酔を用いてお産の痛みを和らげる事を硬膜外無痛分娩と言います。
母親のへそから下の感覚を鈍くする区域麻酔法であり、意識ははっきりしており、 分娩の全ての経過を母親は味わうことができます。

また、硬膜外麻酔は正しく行えば他の鎮痛法よりも母体にとって安全な方法です。
お産の自然な経過にできるだけ影響せずに痛みだけを取り除く無痛分娩法です。

新生児に及ぼす影響

硬膜外麻酔で使用する局所麻酔薬は改良が進み、その低濃度少量を分割注入することで極めてゆっくりと母体血中に移行します。
この母体血中の極わずかな麻酔の殆どは胎盤でストップされるので、赤ちゃんへの影響はありません。
麻酔分娩後の授乳については、数時間後の母乳の中には極少量の問題ない量しか検出されていません。
そればかりか、硬膜外麻酔でお産をすると、母乳の出がよくなるホルモン値が高かったという報告があります。